WordPressでSimple Custom CSSを使ってみる

/

導入

WordPressを使っているとテーマのCSSのちょっとしたカスタマイズを行いたい時があるのですが、テーマのソースを直接編集してしまうとアップデートの際に編集した内容が上書きされ消去されてしまう可能性があるのと、テーマの適当な所にCSSを書き込んでしまうと何処が編集したところなのか解りづらくなるため出来れば実際に稼働しているWordpressのテーマそのものをあまりいじりたくない事があります。

そういった点を考慮して稼働しているWordPressのテーマを修正する時はプラグインを使って行うようにしています。

Simple Custom CSS

Simple Custom CSSは、Wordpressに適用するCSSをテーマから独立して上書きしてくれるプラグインです。

インストール

インストールはWordPressのダッシュボードから→プラグイン→新規追加→「Simple Custom CSS」で検索を行うか、もしくはWordPressのサイトから直接ダウンロードする事も出来ます。

使い方

インストールが完了したらダッシュボードの外観の中にあるカスタム CSSのページからCSSの編集をしていきます。

使い方は枠線の中にCSSをいつも通り書き込んでいくだけです。

SimpleCustomCSS

CSSを書き込んだら「カスタム CSSの更新」を押して変更が反映されているか確認をしてみます。書き込んだ内容がテーマに反映されていればプラグインは問題なく稼働しています。

あとがき

とりあえずで書いたコードは自分で書いた内容を忘れがちなので一時的なつもりの変更はプラグインのほうに書いて、あとからきちんと修正するという形にすると余計なトラブルを避けることが出来ます。
またWordpressやPHPに不慣れな人は直接テーマを変更するよりも、テーマから独立したプラグインを使ったほうがカスタマイズが初めやすくなるではないかと思います。