Table of Contents Plusの導入

/

Table of Contents Plus

Table of Contents PlusはWordpressの記事の目次を作成してくれるプラグインです。

wordpressのページ
作者サイト

インストール方法

WordPressのダッシュボードからプラグイン→新規追加→「Table of Contents Plus」で検索してインストールを実行。

設定

Table of Contents Plusは表示する目次のデザインや内容を色々とカスタマイズ出来るので、自分のイメージにあった目次を表示させる事が出来ます。

設定方法

WordPressの管理画面→設定→TOC+

表示する投稿タイプ

固定ページやポストなど見出しを表示する記事のタイプを選べます。

階層表示

階層表示をonにするとh1~h6の大きさに合わせて目次を自動的に階層化してくれます。
自動的に目次が整理されるので便利ですが、記事を書く際にはきちんと見出しの階層を意識する必要があります。

番号振り

目次に自動的に番号を振ってくれます。
階層表示をonにしているとこんな感じに階層ごとに番号を振ってくれます。
1 大見出し
 1.1 小見出し1
 1.2 小見出し2

横幅

見出しのフレームの横幅を設定できます。フレーム全体が小さいと窮屈な感じがするので、このブログでは若干大きめに設定をしています。

デザイン

見出しのフレームのデザインが変更出来ます。テンプレートでGrayやLight blue,Whiteなどが用意されていますがカスタムを選んで細かく設定することも可能です。

上級者向け

上級者向け項目の「show」を選ぶと、さらに細かい設定が出来ます。

CSS除外

レイアウトがおかしくなった時などに、この項目をチェックすると他のプラグインのCSSからの干渉を防げます。

見出しレベル

h1~h6の中から見出しを自動的に作成するレベルを指定できます。見出しのリストがあまり細かくなりすぎると見づらくなるのでこの項目で表示する見出しのレベルを絞るとスッキリとした見た目になります。

まとめ

Table of Contents Plusは色んなサイトで使われている人気のプラグインです。
見出しを使って記事を書いているだけで自動的に目次を作ってくれるのが便利ですし、段落を意識する事で読みやすい記事を書く時の参考にもなります。