WordPressのテーマが読み込んでいるCSSの場所が解らない時の対処方

/

導入

最近WordPressの勉強のために他の人が作ったテーマの中を見たり自分なりにカスタマイズしたりしているのですが、テーマによっては読み込んでいるスタイルシートの場所がわからない事があってちょっと戸惑ったので気づいた事をメモしておきます。

style.cssにコードが書かれていない

WordPressのテーマを作るためには最低でもindex.phpとstyle.cssの2つのファイルが必要なため、テーマを作るためのチュートリアルなどでもCSSのコードはstyle.cssに書いていくと解説されてる事が多いです。
しかしWordPressのサイトなどからダウンロードしたテーマのstyle.cssを見てみるとテーマに読みこまれているCSSのコードの一部しか書かれていなかったり、極端な場合にはテーマについてのメタ情報しか書いていない場合もあります。

テーマがどこからCSSファイルを読み込んでいるのかが解らないとカスタマイズも何もないので、ブラウザで実際に表示されているソースコードを見てみるとstyle.css以外の場所から別のCSSファイルを読み込んでいる事は確認出来るのですがheader.phpなどのテンプレートの該当箇所にCSSを読み込んでいるコードが見当たらず、どうやってテーマに取り込んでいるのかが解らないため困りました。

wp_enqueue_style関数によってstylesheetのリンクを埋め込んでいる

結論から言うとそういった場合には大抵はfunctions.php内でwp_enqueue_style関数からスタイルシートを呼び出しています。
wp_enqueue_style関数はWordPressが生成したページにCSSファイルを安全にす追加するための関数で、wp_enqueue_style( $handle, $src)という形で書かれている事が多いので$srcを見ればテーマが読み込んでいるスタイルシートの場所がわかります。

またテーマによってはタグの登録を直接functions.php内では行わずにtemplate-tags.phpなどのファイルで管理している場合もあり、その場合でもfunctions.php側からrequire_once()などでファイル読み込んでいるので、functions.phpを見れば読み込んでいるスタイルシートの位置に見当をつける事が出来ます。
関数リファレンス/wp enqueue style:WordPress Codex

なぜスタイルシートを別ファイルにするのか

WordPress Codexの説明によればWordPressではCSSの利用はなるべく基本的なものにとどめるか複雑な動作をさせるなら別ファイルに分割しなさい、となっているようなので多くのテーマで別の箇所にCSSファイルを置いているようです。
スタイルシートガイドライン:WordPress Codex

あとがき

要は分割したCSSファイルを関数によって呼び出していたというだけの話なんですが、テーマをカスタマイズしようと思ったらスタイルシートの編集の仕方すらわからずに最初からあれこれ調べなくてはいけなくなってしまったのでちょっと記録しておきました。