[初心者向け]vimをメモ帳代わりに使う

/

vim

vimはUnix系OSで古くから使われているエディタです。
メインのエディタとして使っている人もいますが、大体のLinuxにはインストールされているのでサーバーのちょとした設定を変える時にも良く使います。
しかしvimは昔に作られたエディタなので動作が独特で使いこなそうとするとちょっと大変です。
そのため、vimを割りきってメモ帳代わりとして使おうとおもいそのためポイントを押さえてみました。

vimの起動

vimはLinuxなどのUnix系OSであればほとんどの場合標準でインストールされているので、大抵の環境でそのまま使えます。
vimを起動する時は編集したいファイルの名前を後ろにつけてviコマンドを打ちます。もしそのファイルが存在しない場合には新しくファイルが作られます。

vi text.txt

モード

vimにはモードというものがあります。

モードにはファイルの保存やカーソルの移動を行うノーマルモードとファイルに書き込みを行うインサート(挿入)モードがあります。
もう一つビジュアルモードがありますが今回は使わないので割愛します。

ノーマルモード ファイルの保存・カーソルの移動
インサートモード 文字の書き込み・編集

カーソル移動

vimは起動した時にはノーマルモードになっています。
このノーマルモードの時にh,j,k,lを押すとそれぞれ左,下,上,右にカーソルが動かせます。

h
j
k
l

テキストの編集

カーソルを好きな場所に移動して、そこからテキストを編集していくのですがノーマルモードのままででは文字を打ち込んでいく事が出来ないのでモードをインサートモードにします。インサートモードに変更するにはiかaを押します。

i カーソル位置から挿入モードに変更
a カーソルの一つ後ろから挿入モードに変更

インサートモードに変更したら文字を打ち込んでいきます。なお文字の消去には他テキストエディタと同様にBackspaceとDeleteキーを使います。

Backspace カーソルの手前の文字を消す
Delete カーソルの後ろの文字を消す

ファイルの保存

ファイルを編集したらノーマルモードから保存をします。
ノーマルモードに変更するためにはEscキーを押します。

Esc モードをノーマルモードに変更

ノーマルモードからはコマンドを打つことが出来ます。
vimのテキストの保存や終了はこのコマンドから行われます。
コマンドを打つためにはまず「:」を押します。すると画面の一番下ウィンドウ部分にのカーソルが移り「:」が記入されますのでここから各コマンドを入力していきます。
保存のためのコマンドはwになりますので、vimに打ち込むコマンドは:wとなります。
:wと打ちこみエンターキーを押すとファイルの変更が保存されます。

vimの終了

vimを終了するにはノーマルモードから:qコマンドを打ち込みます。
また:wqを入力すると保存と終了が同時に実行する事が可能です。
vimの終了が出来たら先ほどのファイルをもう一度開いてみましょう、保存が実行されていればファイルの内容が変更されているはずです。

:w 変更を保存
:q vimの終了
:wq 変更を保存してvimを終了する

変更のキャンセル

最初に僕がvimは使った時には使い方になれておらず編集したファイルをおかしくしてしまい、さらには元への戻し方がわからなかったのであせった記憶があります。それからしばらくはvimはおっかないというイメージがあって手が出せずにいました。
ミスをした際に困らないようにvimでの変更を元に戻したい場合の操作も確認しておきたいと思います。

まずvimにはundo(作業を一つ前に戻す)の機能があります。今の一般的なアプリケーションだとCtrl-zがundoのショートカットに割り当てられている事が多いですがvimの場合ノーマルモードからuコマンドになります。undoの場合には「:」は必要ありません。
そしてノーマルモードのままCtrl-rを押すとredo(undoを取り消す)になります。undoを「戻る」だとしたらredoは「進む」といった感じでしょうか。vimでファイルの編集中にうっかり意図しないキーを触ってしまいテキストがおかしくなった場合には、この二つのコマンドを使って元の状況に戻しましょう。

u 作業を一つ前に戻す
Ctrl-r undoを一つ取り消す

またvimに慣れていない間は開いて編集したファイルの変更を一旦無かった事にしてvimを終了したいという事があるかと思います。
その場合にはまずEscを押してノーマルモードにしたあとに:q!を入力します。
:qコマンドの後ろに!をつけるとファイルが内容が変更されていても、編集途中の状態無視して終了が実行されます。そのため一度も保存をしていなければ、ファイルはなんの変更も保存されずにvimが終了します。

:q! 内容を保存せずに終了

カーソルの設定の変更

上でカーソルの移動の際にはh,j,k,lを使用すると書きましたが、カーソルの移動には十字キーを使うことも出来ます。
しかし設定によってはカーソルの移動ではなくアルファベットが入力されてしまう事がありますので、使いづらいと感じる場合にはvimの設定を変更してみてください。
Vimの設定/koltatt

あとがき

とりあえず編集、保存、キャンセルが出来るようになれば、ちょっとしたファイルの編集であればvimを使えるようになると思います。
テキストエディタなどのツールは生産性をあげるには結局慣れが肝心だと思うので、簡単な使い方から始めて徐々に設定の仕方などを覚えていくと初めやすいと思います。